こんにちは。

早速ですがタイトルの内容を一緒に考えてみてください。

「産業廃棄物」よく耳にするフレーズだと思います。

タイトルは「遺品整理の際に捨てる物は基本的に産業廃棄物ではありませんよ」と書かせて頂きました。

さてここで問題です。じゃあ遺品整理の際に捨てる物は何なの??

正解は「一般廃棄物」です。

簡単に説明すると「一般廃棄物」とは家庭から排出される廃棄物で、「産業廃棄物」とは事業者から排出される廃棄物です。

遺品整理の際にどこを片付けますか?まずほとんどのご依頼者様が「故人が住んでいた家」と答えると思います。もちろん故人が務めていた会社の物だったり、ケアハウスの部屋を片付けしてほしいというご依頼もお受けいたしますが。

そこで「故人が住んでた家」とお答えいただいた場合、その家から排出される廃棄物は・・・「一般廃棄物」です。

「一般廃棄物」「産業廃棄物」の説明はあとでさせて頂きますが、まずこの投稿をお読み下さっているという事は多少なりとも遺品整理に関心があったり、遺品整理に直面している方がおられると思います。

もしこの投稿を読んでいる時点でどちらかの業者に依頼しているのであればその業者が「一般廃棄物」の許可を得ているのか?「一般廃棄物」の許可を得た業者を手配できるのか?という事を確認しておいたほうがいいかもしれません。一般廃棄物と産業廃棄物は全く異なり、産業廃棄物の資格では一般廃棄物の収集運搬は出来ません。ただし、地方や自治体により産業廃棄物の資格で一般廃棄物の収集運搬ができる地域もありますのでご注意下さい。

さて一般廃棄物についてですが、

一般廃棄物の収集運搬および処分は、市町村に処理責任があり、市町村自らが行うのが原則である。ただし、市町村で行う事が困難な場合に限り、市町村は一定の条件を満たした業者の申請により、ごみ処理基本計画に基づいて一般廃棄物処理業の許可を与えることができる。

と法律上記載されています。さてこの一般廃棄物の資格ですが実際のところ有資格業者はほんのひと握りだけなんです。普段の生活の中で言うと皆さんがお世話になっているゴミ収集車の業者が一般廃棄物の収集運搬の有資格業者ですね。もちろん基本的には市町村の職員であったりするのですが全てをまかなう事はまず無理ですので有資格業者を選任してゴミ収集を行っているという訳です。このゴミ収集車の業者がほとんどでそれ以外に一般廃棄物の収集運搬の資格を有している業者は本当に少ないです。本当にビックリするくらい少ないのです。一般廃棄物の有資格業者をやみくもに増やすととんでもない事になってしまいますよね。もちろん諸々社会の仕組みの難しさもある訳ですが。「申請すればもらえる」「勉強すればもらえる」「大きい会社だからもらえる」という資格ではないのです。

それに比べて「産業廃棄物」の収集運搬の有資格業者はビックリするくらい多いです。仕事として必要な資格となりますのできっちり申請すれば基本的には資格が与えられます。

皆様もスマホやパソコンで調べればすぐにお分かり頂けます。お住まいの地域に「一般廃棄物」の有資格業者がどれだけ少なくて「産業廃棄物」の有資格業者がどれだけ多いのかという事を実感して頂けると思います。

どこに頼めばいいの?となってしまいますね。もちろん一般廃棄物と産業廃棄物は処理方法も異なります。

 

さて、ここで本題に戻します。

故人の家から排出される廃棄物は「一般廃棄物」ですよね。

その数少ない業者に依頼をするのがどれだけ大変かお分かり頂けると思います。産業廃棄物の資格しか有していない業者に依頼していたら・・・産業廃棄物しか資格を有していないのに作業をした業者が悪いのか?その業者を選んだ依頼者が悪いのか・・・現在もグレーゾーンで遺品整理業をしている業者は山ほどあります。

遺品整理の廃棄物はあくまでも故人の物であり思い出の品です。日本遺品整理機構では当たり前のようですが適正な業者の選定を推奨します。もちろん廃棄物処理には費用がかかります。適正に処理するには適正な費用が発生します。地域などにより多少の金額の違いはありますが基本的に廃棄する量で金額が決定するので極端な金額のずれはあまり発生しません。

大事な遺品整理というものを「安いから」という事だけで決めてしまって本当に良いのでしょうか?

トラブルを避ける為にも適正な業者選びを心掛けて下さい。

 

————————————————————————
日本遺品整理機構は遺品整理を専門としたNPO法人(特定非営利活動法人)です。
遺品整理のことでお悩みを抱えてしまう前にお気軽にご相談下さい。
遺品整理の方法や手順などご依頼者様と一緒に考え、ご提案させて頂きます。
フリーダイヤル 0120-457-266(代表番号)
ウェブサイト http://ihinseiri-life.com/
————————————————————————