津市、四日市市、伊勢市、鈴鹿市、松阪市を中心に三重県の遺品整理のご相談承ります。

桑名市|いなべ市|木曽岬町|東員町|四日市市|菰野町|朝日町|川越町|鈴鹿市|亀山市|津市|松阪市|多気町|明和町|大台町|伊勢市|鳥羽市|志摩市|玉城町|度会町|南伊勢町|大紀町|伊賀市|名張市|尾鷲市|紀北町|熊野市|御浜町|紀宝町

三重県の限界集落の前提としての限界自治体の現状 「限界集落」を提唱した大野晃は、その分析の最初に全国の自治体単位における人口規模とその増減、高齢化率とその上昇を詳細に分析した上で、「限界自治体」を「65 歳以上の高齢者が自治体総人口の半数を超え」るものとして定義し、「税収入の減少と老人福祉、高齢者医療関連の支出増という状況のなかで財政維持が困難な状態におか れている自治体」として捉えている。それを踏まえて、本稿は三重県における「限界自治体(地区)」の現状を検討しその今後を展望するものである大野が国立社会保障・人口問題研究所による人口推計結果に基づいて分析したところ、限界自治体は2000年には中国地方に一つ見られるだけであるが、2015年には51自治体、2030年には計144自治体が限界自治体となり、全自治体数に占めるその割合は2015年で1.6%、2030年で4.4%を占めることとなる。そのうち、2030年時点での三重県における限界自治体は美杉村、飯高町、南島町、紀勢町、紀和町の計5自治体と予測されている。 三重県内においてこの5自治体の占める割合をみると、当然、総人口ではその占める割合は小さいが、これをその総面積でみた場合計762.5平方キロメートルとなり、県面積の13.2%を占めることとなる。このことからも、限界自治体(地区)が環境に占める影響は決して少なくない。

5地区における高齢化・人口減少の将来推計結果。まず三重県における合併後の限界地区の高齢化、人口減少の将来推計結果を検討する。具体的には津市美杉地区(旧美杉村)、松阪市飯高地区(旧飯高町)、南伊勢町 南島地区(旧南島町)、大紀町紀勢地区(旧紀勢町)、熊野市紀和地区(旧紀和町)の計5地区である。うち津市美杉地区(旧美杉村)と松阪市飯高地区(旧飯高町)については、合併後の地区別の人口推移がホームページにて公開されているので、第6節以降より詳細に検討する。5つの地区を比較すると、2000年時点以降、2030年時点まで一貫して最も高齢化率が高い地区は熊野市紀和地区である。

熊野市紀和地区は2005年には早くも高齢化率が50%を超え、限界地区となっているとみられ、むしろ高齢化率のピークは2020年の55.1%と予測されている。次いで高齢化率が高いのは津市美杉地区で、2015年以降、限界地区化し、この地区もそのピークは 2020年の51.6%とみられている。第3位は大紀町紀勢地区で2020年以降、限界地区化し、2025年と2030年はともに50.9%の高齢化率が見込まれている。また松阪市飯高地区と南伊勢町南島地区は、ほぼ同様の高齢化率の推移が見込まれており、2030年に向けて一貫して高齢化率は上昇していく。その結果ともに2030年に高齢化率は50%を超えるという予測となっている。
紀和町は熊野市と合併し熊野市の一部となった。2000年国勢調査結果では紀和町の人口は1742人、高齢化率は49.7%であるのに対し、旧熊野市の人口は20898人、高齢化率は28.3%であった。人口比では紀和町は旧熊野市の8.3%であり、高齢化率では紀和町が旧熊野市より21.4ポイント高い。類型3として南島町は南勢町と合併し南伊勢町となった。2000年国勢調査結果では南島町の人口は7969人、高齢化率は32.5%であるのに対し、南勢町の人口は10266人、高齢化率は30.1%であった。人口比では南島町は南勢町の77.6%であり、高齢化率では南島町が南勢町より2.4ポイント高い。同じく類型3として紀勢町は大宮町、大内山村と合併し大紀町となった。2000年国勢調査結果では紀勢町の人口は4488人、高齢化率は32.3%であるのに対し、大宮町の人口は5242人、高齢化率は28.3%であった。人口比では紀勢町は大宮町の85.6%であり、高齢化率では紀勢町が大宮町より4.0ポイント高い。限界自治体の総人口、高齢化率の面での合併相手とのこれらの地域差をみると、高齢化率が高く、総人口が小さい自治体ほど、自らと差の大きい自治体と合併している傾向がうかがえる。

津市美杉地区(旧美杉村)における高齢化と人口減少に関する合併効果第2節で述べたように、合併による旧限界自治体の高齢化、人口減少の改善の有無を検討するには、合併後の地区ごとの人口データが必要だが、これら旧5限界自治体のうち、合併後、地区別の人口データをホームページ等で公表している自治体は津市と松阪市のみである。よって検討できるのは、旧美杉村(津市美杉地区)ならびに旧飯高町(松阪市飯高地区)のみである。 先の合併類型に従えば、美杉村と飯高町を採り挙げることにより、類型1「村と市」、類型2「町と市」の2つの類型を検討することとなる。まず2006年1月1日に合併によって津市美杉地区となった旧美杉村の人口推計結果と合併後の人口の実績値とを比較して、美杉村にとって津市との合併が、総人口、また高齢化の面でプラスであったのか否かを検討する。 旧美杉村を単位とする最後の人口推計の結果は2000年国勢調査結果である総人口7158人、高齢化率38.2%をベースとして、2005年に総人口6450人、高齢化率43.3%、2010年に総人口5810人、高齢化率47.2%2015年に総人口5238人、高齢化率50.6%、2020年に総人口4661 人、高齢化率51.6%、2025年に総人口4116人、高齢化率51.2%、そして2030年には総人口3628人、高齢化率50.4%となることが予測されている。
これを2000年時点での高齢化率を100とする高齢化指数で示すと、2005年113.3、2010年123.6、2015年132.5、2020年135.1、2025年134.1、そして2030年には132.0となる。また同様に2000年時点での総人口を100とする総人口指数で示すと、2005年90.1、2010年81.2、2015年73.2、2020年65.1、2025年57.5、そして2030年に50.7となる。

※内容に関しては地域ごとのデータベースや情報誌、wikipediaより抜粋して使用しておりますので変更や誤りがある場合がございますので予めご了承下さい。