遺品整理におけるお仏壇の取り扱いについて

遺品整理において相談される事が多いのがお仏壇のお取り扱いについてです。

日本遺品整理機構に遺品整理のご依頼を頂くという時点でお家やお部屋の片づけをしなければならないご依頼者様が多く、また亡くなられた方のご結婚されていた方が先にお亡くなりになられていた場合にお仏壇をどう取り扱うのか。という事になります。特にお仏壇は家具や家電製品とは違い特別な物となりますので取り扱い方も普通とは異なります。

そこでご依頼の中でも多いお仏壇のお取り扱いについてご説明させて頂きます。

お仏壇のお取り扱いで多いのが

・お仏壇の移動

・お仏壇の買い替え

・お仏壇の処分

上記3点が遺品整理をされる際にご相談頂くお仏壇のお取り扱いです。

またお仏壇の発遣供養や魂抜き、位牌や仏具のお取り扱いについてもよくご相談頂いております。遠方にお住まいで供養に立ち会う時間の余裕がない方が多いのも現状として問題となりつつあります。地域によってになりますがご依頼者様に先にお仏壇に拝んで頂き、代理でお寺まで運び供養をするというようなお手伝いもありますのでまずはご相談下さい。

■お仏壇の移動

 ご依頼者様のご自宅や親族の方のご自宅へお仏壇を移動するご要望をお受け致します。その際の運送業者の選定をお手伝いさせて頂きます。

お仏壇は易損品として取り扱われる場合が多く、運送を断る業者も少なくありません。また、運送中の傷や破損に関しての運送保険も適応しない業者が多いのも現状です。

お仏壇が大きかったり重量が重い物も多いので移動や設置が大変な事も多いです。日本遺品整理機構では出来る限りご依頼者様のご要望のお応えできる運送業者の選定のお手伝いをさせて頂きます。ご移動の際に基本的にお位牌などはご依頼者様で移動していただきます。

遺品整理作業の一環として手配することも可能ですがお時間があるようであれば遺品整理作業とは別の日に業者を手配するほうがスムーズに行えます。

■お仏壇の買い替え

お仏壇は大きくて重たい物が非常に多いです。そこで最近ではよく見かけるようになった「現代仏壇」「シンプルスタイル仏壇」「モダン仏壇」「家具調仏壇」と呼ばれるような物に買い替えをする方法です。基本的にご依頼者様にして頂くのは位牌の移動だけで済む場合が多いです。仏壇の設置はお仏壇屋がしてくれますし古くなったお仏壇は新しいお仏壇を購入したお店で引取(有料の場合が多いです)して頂くか、日本遺品整理機構でも仏壇を撤去してくれる業者のご紹介を致します。また、古いお仏壇の撤去には発遣供養(一般的に魂抜きと呼ばれる)が必要となります。

最近ではお仏壇の買い替えをされるお依頼者様も多くなってきています。

■お仏壇の処分

やはりお仏壇の移動をされるご依頼より処分されるご依頼の方が多くなってきています。それはお仏壇のあり方や形、大きさも変化している現状でお仏壇の買い替えであったり、置き場や引取手がいない事など環境事情が反映されているのだと思います。

「発遣供養」や「魂抜き」など宗派や地域により呼び方や方法が異なりますがお仏壇やお位牌のお取り扱いについてお手伝いさせて頂きます。お仏壇の所までご住職に来て頂く方法やお仏壇をお寺へ持って行って供養して頂く方法などございます。

ご依頼者様の地域や宗派により方法は異なりますのでご相談下さい。

上記が遺品整理の際によく対応させて頂く方法となりますが、宗派や地域、お仏壇の種類や大きさによっても対応方法が異なりますので遺品整理の際にお仏壇でお困りのことが御座いましたらお気軽にご相談下さい。