遺品整理における家具や家電の取り扱いについて

亡くなられるまで使用していた家具や家電製品が必ずあります。故人によりその量は異なりますがその中でも冷蔵庫や洗濯機、テレビなどの生活必需品は必ずと言っていいほどあるのが現状です。また、家具も必ずと言っていいほどあると思います。もちろん残されたご家族様で使うのが最善の方法かと思います。しかしそうもいかないのが現状です。

まずあ最善の方法として冷蔵庫や洗濯機、テレビなど家電製品に関してはご家族様が必要であれば使うのが一番良いと思います。現在使っている物と比べて新しいのであれば入れ替えて使用する事がよいと思います。しかし入れ替えにも運送費や手間がかかる場合もありますのでよく考えてからにするのが良いでしょう。

 

ここからは遺品整理においての家具や家電製品、生活用品の取り扱いについてです。

大まかに分けると「売却」と「処分」に分かれます。一般的に考えるともちろん新しければ売れますし古ければ処分となる可能性が高くなりますが遺品整理を行う中でご依頼者様や親族の方のお気持ちを優先させて頂きます。新しい物でもご依頼者様が「思い出の品を他人に使われたくない」というようなご意見を頂く場合もあります。逆に「捨ててしまうより次の人に繋がれば」と言っていただくご依頼者様もおられます。まずはご依頼者様、親族の方の考え方を決めて頂ければと思います。

 ここからは「売却」する方向で決定した際のご説明をさせて頂きます。

「処分」をお考えのご依頼者様は下記リンクより「処分について」のページをご覧ください。

まずは家電製品の売却についてですが、家電製品は基本的にその製品が何年前に製造されたのか?が一番の問題点になってきます。売却するという事は次に買う方がいるという事です。新しい物は高く売れる可能性が高いですが、ある一定より古い物は売却が難しい可能性が高くなります。特に冷蔵庫、洗濯機、テレビ、エアコンのリサイクル4品目に関しては売却ができなかった場合にリサイクル法の定まる「リサイクル券」が必要になりますのでご注意下さい。また、扇風機やストーブなど季節用品は時期がずれると買取をしてもらえない場合もありますので注意が必要となります。

日本遺品整理機構では適正な買取と適正な対応をしてくれるリサイクルショップ等の買取業者をご紹介させて頂きます。

 次に家具の売却です。家具に関しては製造年数の記載もなく、電気製品と違い壊れるリスクが少ないのが特徴です。しかし年々デザインが変化していたり大量生産の安い物も市場に出回っているので使える状態であっても買取を断られる場合もあるのが現状です。逆に古い物だと現在とは違い良い木や良い材料を使っている家具が多いのも事実ですので古いからと言ってあきらめる前に一度見積もりを依頼するのが良いと思います。

 上記内容により家具や家電製品で不要なものを売却していきます。

少しでも高く売れるように日本遺品整理機構もお手伝いさせて頂きます。