生活用品や売却しなかった家具や家電製品を処分する方法についてご説明させて頂きます。

もちろん家族や親族の方で手分けして出来るのが良いのですが、時間や労力がかかってしまうのが問題点となります。遺品整理の流れの中で一番大変なのも処分という作業ですし、コストやリスクが発生してしまうのも処分するという作業です。

日本遺品整理機構ではご依頼者様のご要望に添える形で不用品の処分をお手伝いできればと思います。

まず一番大事になるのが「業者の選定」です。

不用品=ゴミと一般的にはなってしまうのですが遺品整理の場合は一つ一つの物が故人の愛用品という事です。そして捨ててしまわなければならないのですがその中に大事な物であったり思い出の品が入っている可能性があるという事です。普段出すゴミと同じ感覚で処分をしていては大切なものも見つかりません。普段行うゴミ処分と遺品整理の不用品処分には大きな違いがあることをご理解ください。

また、遺品整理の作業を行う場合、ほとんどの方がご自宅だと思います。持ち家であったり賃貸であったりの違いはありますが会社ではなくご自宅です。その場合には「一般廃棄物」を取り扱える許可が必要となります。ここが非常に重要で「産業廃棄物」の許可では基本的にご依頼者様の荷物を取り扱う事ができません。しかし現状では一般廃棄物の許可を持たない業者が遺品整理を行っている事例も多くトラブルも多く耳にしています。日本遺品整理機構は当然ながら法令順守ですので一般廃棄物の許可業者のみご紹介させて頂きます。

※市町村の条例等で地域により産業廃棄物の許可で一般廃棄物の取り扱いができる場合がございます。

遺品整理の際の処分に関して

遺品整理作業においてご依頼者様の依頼内容に基づき作業を進めていきます。作業中に出てきた重要と思われる物「預金通帳、印鑑、貴金属、現金など」はもちろん貴重品BOXに保管しご依頼者様に返却させて頂きます。また、「~の書類」や「~の写真」など事前にお知らせ頂いていれば作業中にできる限り捜索させて頂きますのでお気軽にご相談下さい。

また、重要な書類や個人情報の記載された書類でも許可業者ですので適正に処理させて頂きます。また、業者によってはオプションになりますがシュレッダー処理や溶解処理など処理証明書の発行が可能ですのでご相談下さい。

ご依頼頂いた条件を満たした時点で作業完了とさせて頂きます。もちろん最終確認はご依頼者様の目でご確認して頂きます。

ハウスクリーニングなどの付随する作業は遺品整理完了後に行いますが、特殊清掃、エアコンの撤去やアンテナの撤去、給湯器やボイラーの撤去など特殊作業は遺品整理作業前に必要な場合がありますので事前にご相談下さい。