遺品整理における形見分けとは

「形見分け」よく聞く言葉ですが気を付けなければならない事がや正しい方法があるのがご存知でしょうか?遺品整理の中でも最初に行う場合が多く、大切な事ですしトラブルの原因となることもしばしばありますので注意が必要です。

 形見分けとは亡くなられた方の愛用品を家族や親族、親しい友人、知人で分け合い故人の思い出を共有する事を言います。

 形見分けの時期に関してきっちりと決まっている訳ではなさそうです。一般的には四十九日などの宗教儀式に合わせて行われる事が多いようです。親族の方が集まる意味でも都合のよい日程と思われます。

 形見分けですが注意点がいくつかあります。

 ・遺産の分割は完了していますか。

相続人が複数いる場合は亡くなられた方の遺品は遺産の一部となるため相続人全員の物となっています。遺産の分割が完了していない状態で勝手に形見分けを行うと後でトラブルとbなってしまう場合があるのでご注意下さい。遺品整理にも同じことが言えて、遺産の分割が完了していないのに遺品整理を行うとトラブルとなる場合がありますのでご注意ください。

 ・贈与税がかかるものがる

遺品の中に高価なものがあった場合に気を付けなければならないのが贈与税です。形見分けの品でも贈与税が発生してしまうので形見分けの際に高価なものをいただく場合や贈る場合は注意が必要となります。

 他にも形見分けを贈る際に包装をしてはいけない、などの事もありますが近年では知人、友人には贈らず近親者のみで形見分けをすることが多いようですので、大きくは上記の二点にご注意頂ければと思います。その他ご不明な点などはご相談頂ければ専門家をご紹介いたしますのでお気軽にご相談下さい。

 遺品整理までにきちんと形見分けをしておく

遺品整理を行うまでに形見分けは皆様完了されている場合がほとんどですが、大切なのはきっちり形見分けを完了させる。という事です。遺品整理の際にももちろん専門業者が仕分けをしながら作業を進めていきますが、遺品整理で片付けをしている最中にも重要そうな書類や貴金属などが出てくる場合が多いです。もちろん作業員も気にしながら作業していますがどうしてもすべてを見つけきれない可能性ももちろん御座います。できる限りご家族の皆様できっちりと形見分けをして頂き、気持ちよく遺品整理作業をして頂ければと思っております。

日本遺品整理機構ではご依頼者様の形見分けのに関するご相談も承っております。気になることがありましたらお気軽にご相談下さい。