昨今の家族構成など離れて暮らすご家族、介護に関するお悩みを受け遺産相続やわずらわしい手続き、実際お住まいの家屋内の物品の整理からお仏壇の供養など、 やらなければならない事がとても多いのが現状です。
 
実際にご親族が亡くなられた後どのような手続きをしてどのように整理をするかというご相談を各県ごとの担当者によるプランニングにより、わずらわしさの解消と公的機関による適正な手続きを経る事が可能になります。また実際の家屋の引渡しや物品の整理に関して適正処理の上でご親族様の負担軽減になるように最善の方法をご提案をさせて頂く事を目的とさせて頂いております。
 
遺品整理を行う上で一番負担になりがちな実際の家屋内の物品整理において、「処分」という形ひとつでさえ市区町村ごとに応じた許認可を保有する業者にのみしか撤去する事が出来ません。
日本遺品整理機構では家屋内物品の整理の際に故人様の思い出となる物品以外の撤去に関してリユースと言う形でもう一度必要とされる方にお届けする事を念頭に置いて整理をお手伝いさせて頂いております。
箪笥やお洋服、食器など出来るだけ可能な限りリユースによる物品の再利用を進める事で、ご親族の負担を軽減するとともに処分品の減量にも努めてまいります。その上でどうしてもリユース出来ない物に関しましては各市区町村による一般廃棄物処理の許可を保有する業者にて搬出する事も可能です。
日本遺品整理機構では遺品整理作業の際に「リユース」「リサイクル」「処分」などにおける適正な業者の選定をお手伝いをさせて頂きます。
また、ハウスクリーニングや特殊清掃、生前整理や遺言状の作成など遺品整理には多種多様な事例や方法が御座います。ご依頼者様が悩みを抱えないよう全力でサポートさせて頂きますのでどんな事でもお気軽にご相談頂ければと思います。