こんばんわ。

日本遺品整理機構は元々がリサイクルショップの集まりではじまりました。

もちろん日本遺品整理機構はNPO法人ですので非営利組織として運営しています。

そして各地域ごとに担当者がいて、その担当者が現状でもリサイクルショップを運営していたり。リサイクルに携わる業務を行っております。

その中で先日買取依頼を頂いたお客様の元にお伺いしたのですが、実情のお話をお伺いしていると遺品整理の一部として当社を呼んで頂いたと知りました。やはり「高齢化社会」というような言葉が日本中でささやかれている中でも遺品整理に関する実情や正しい手順などが普及していないんだなと実感しました。

もちろん遺品整理を行う際に全て(買取、特殊清掃、一般破棄物収集運搬など)を一手に賄える業者は少ないのが現状だと思います。しかし、高齢化社会の少し先を見据えるならば一手に引き受けれる、もしくは全てのご要望に対応できる体質が必須になってくるのではと考えております。

家具はリサイクルショップに。生活ごみは可燃ごみの日に。一般破棄物は処分業者に。貴金属は専門業者に。その上、手続きなどで仕業の契約を行ったり・・・

別々に頼むと案件次第ではまだまだ個別に依頼が必要となります。ましてや、合い見積もりなどをすべて行っているととてもではありませんが時間が足りなくなってしまう方が多いのではないでしょうか?

日本遺品整理機構ではすべてを一括して任せて頂ける事を目標に日々考えております。

ご依頼者様のご要望に沿う形で、買取可能な商品は買取を。もちろん家具や、家電製品だけの枠にとらわれず貴金属や骨董品から美術品や嗜好品まで。そのうえで処分業者のお見積りを取り、ルームクリーニンまで。

という一連の流れを作りつつご依頼者様に安心してご相談いただけるようにしていきたいと思います。

日本遺品整理機構もまだまだ地域によっては全てのご要望に添えない場合もありますが、数年後、数十年後まで見据えて邁進していきたいと思います。

 

遺品整理の事でお悩みがありましたらお気軽にご相談下さい。

0120-457-266 AM9:00~PM7:00