さて本日は昨日の記事に少しだけ登場しました家電リサイクル券について簡単に説明させて頂きたいと思います。

もともと日本遺品整理機構はリサイクルショップの運営者が集まり設立されたのですが、遺品整理だけではなくリサイクルの仕事も深く関わっています。

さて、リサイクル券ですがその名の通り「きちんとリサイクルしましょうね」という券です。

一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクルセンター 通称RKCなる法人があるのですが、そちらのホームページに・・・

家電リサイクル法とは・・・家庭から排出される廃棄物は基本的には各市町村が収集し、処理を行ってきました。しかし、粗大ゴミの中には大型で重く、また非常に固い部品が含まれているために粗大ゴミ処理施設での処理が困難なものが多くあります。家電製品はこれに該当するものが多く、有用な資源が多くあるにもかかわらず、リサイクルが困難で大部分が埋め立てられている状況にあります。そこで廃棄物の減量、資源の有効利用の観点から、廃棄物のリサイクル推進の新たな仕組みを構築するために制定された法律が特定家庭用機器再商品化法(以下家電リサイクル法)です。1998年(平成10年)5月に国会で成立し、同年6月に公布され、2001年(平成13年)4月1日より本格施行されました。
この法律では、エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機の4品目が特定家庭用機器として指定され、小売業者は「排出者からの引取りと製造業者等への引渡し」、製造業者等は「引取りとリサイクル(再商品化等)」といった役割をそれぞれが分担し、リサイクルを推進することが義務づけられています。また、その際、引取りを求めた排出者は小売業者や製造業者等からの求めに応じ、料金を支払うことになります。
平成16年4月1日より、特定家庭用機器に「電気冷凍庫」が「電気冷蔵庫」と同じ区分で追加されました。
平成21年4月1日より、特定家庭用機器に「液晶式テレビ及びプラズマ式テレビ」並びに衣類乾燥機が追加されました。

との事です。難しいですか?読むのが面倒ですか?

一言でいうなら「きちんとリサイクルしましょう」という事です。リサイクル券のお金がどこに流れているかは私も知りませんのでここは割愛させて頂きます。

さて、そのリサイクル券ですが、使わなくなったテレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンを捨てる時はリサイクル券を購入して適正に処分して下さいね。という事なので、その使わなくなった商品が新しいとか古いとかは一切関係ありません。ですので、買って1日しか使用していないテレビでも買って20年経ったテレビでも捨てる時はリサイクル券が必要です。という事ですね。

もちろん遺品整理をさせて頂く際にご依頼者の皆さま一人ひとりご要望が違うのが当たり前です。

故人が使用していた冷蔵庫。その冷蔵庫を・・・

次の方に有効利用してもらいたい。

他人に使われるのが嫌だから処分してほしい。

など様々なお気持ちがあると思います。

なので今回は「リサイクル券」という部分に特化して説明させて頂きますのでお気持ちは抑えて頂ければと思います。

さてリサイクル券ですが、どんな場合に必要かと申しますと、第一に「捨てる時」ですね。この場合は有無を言わさず必要です。新しくても古くても何も変わりません。郵便局やリサイクル券取り扱いしている場所に行き、「メーカー・サイズ」など詳細を控えて行き伝えれば金額を教えてくれます。そしてそのまま代金を支払いリサイクル券購入の手続きは完了です。このあとに運搬などの手配がありますが後で説明させて頂きます。

第二に「売ろうと思ったけど売れなかった場合」です。このパターンはリサイクルショップ等に転売しようとしたけど買取してもらえなかった場合という事になります。基本的にリサイクルショップでは製造から5年以内の商品が主な買取対象となることが多いです。これは電気製品の寿命や次の方に再販する上でリスクを考慮した年数となります。なので2017年になった今、お持ちの家電製品が2012年製造以前の商品だと買取を断られて「リサイクル券が必要ですね」と言われる場合があるという事です。※リサイクルショップによっては5年以上経過している商品でも買取対応してもらえます。また、5年以内でも買取してもらえない場合もあります。地域や店舗によって異なりますので詳しくはご自身にてお問い合わせ下さい。

上記2点が主なリサイクル券が必要となる場合の代表例です。が、しかし・・・

リサイクル券を買ったからと言って終わりではありません。その冷蔵庫、その洗濯機、どうやってリサイクルしますか?という事になるのです。

仮に郵便局でお金を払って購入した冷蔵庫のリサイクル券。家に帰って冷蔵庫に張ったからと言って何も起こりません。そぅ。誰も運んでくれませんよね。その場合も色々方法があります。今回は処分のみについて説明させて頂きます。買い替えの場合は新しい商品を買った会社が対応してくれたり説明してくれたりすると思いますのでまたまた割愛させて頂きます。

1・自分でリサイクルセンターに持ち込む。これが手っ取り早いですね。各自治体によって異なりますが必ず指定された持ち込み場所(会社)があるはずです。ご自身で持ち込めば一番早いと思います。もしわからなければ市役所等に電話すれば教えてくれると思います。

次に

2・業者に頼む。このパターンになる方が多いのですが、どこの業者でも引き受けてくれるわけではありませんのでご注意下さい。また、この場合には「運搬費」が別に発生します。リサイクル券に該当する商品の設置場所や大きさなど様々な状況により金額が変動してしまいますし、法的に定められた金額も決められていません。※こちらの説明は長くなるのでまた説明します。

結果的にどちらかになると思いますが、上記がリサイクル券の購入から使用までとなります。

日本遺品整理機構でも遺品整理の際に不要になった家電製品の取扱いについては転売や廃棄などご依頼者様のご要望に沿って対応させて頂きます。もちろんその際にリサイクル券が必要になった場合でも適切に判断してご説明させて頂きます。リサイクル券の発見については各都道府県にて対応が異なりますのでご了承下さい。

では本日はこのあたりにさせて頂こうかと思います。

リサイクル券の運用についてはご理解頂けたかと思いますが、思わぬトラブルに巻き込まれる場合もありますので次回はリサイクル券運用の落とし穴をお伝えできればと思っております。

遺品整理でお悩みの事やお困りのことがありましたら日本遺品整理機構までご相談下さい。どんな些細な事でも構いません。ご依頼者様のご要望に沿った遺品整理のお手伝をさせて頂きます。