岡山で遺品整理ならお任せ下さい。遺品整理を専門としたNPO法人(特定非営利活動法人)です。岡山県内全域にて遺品整理のご相談承ります。

日本遺品整理機構のTOP画像


遺品整理岡山のロゴ
岡山県の遺品整理


岡山市、倉敷市を中心に岡山県内の遺品整理のご相談承ります。


岡山市| 岡山市北区|岡山市中区| 岡山市南区| 岡山市東区|倉敷市| 美作市| 津山市| 玉野市| 笠岡市| 井原市| 総社市| 高梁市| 新見市| 備前市| 瀬戸内市| 赤磐市|真庭市|吉備中央町|浅口市|和気町|早島町|里庄町|矢掛町|新庄村|鏡野町|勝央町|奈義町|西粟倉村|久米南町|美咲町|

日本遺品整理機構はNPO法人(特定非営利活動法人)です。ご依頼者様のご相談やお見積り、打ち合わせの際に一切の費用は発生致しませんので安心してご相談下さい。

岡山県の人口は戦後一貫して増加を続け、2005年(平成17年)には約195万人に達した。広島市に次いで中国地方第二の都市である岡山市(約70万人)や第三都市の倉敷市(約47万人)を擁している南部は人口増加が堅調だが、吉備高原や中国山地の山々に囲まれた地域では高齢化が進行し、人口の減少が顕著になってきている。そのため、県全体では1990年(平成2年)頃から人口はほぼ横ばいであったが、東日本大震災以降から移住者の増加で転入超過に転じNPOが毎年発表している「田舎暮らし希望地域ランキング」にて岡山県が2012年度に2位、2013年度に3位にもランクインしている。男女の初婚年齢が香川県とともに全国屈指の早さとなっている。
昨年10月に実施された国勢調査について、2月の人口速報集計の公表に続いて、6月29日に総務省統計局より、抽出速報集計が公表されました。
 抽出速報集計とは、本年10月以降に順次公表される全数集計に先立ち、国勢調査の全ての調査事項に関する主要な統計表を早期に提供するもので、全世帯の約1%を抽出して集計しています。ただし、抽出による標本誤差を含むため、後日公表される全数集計の結果とは必ずしも一致しません。
 それを踏まえた上で、岡山県の現状と傾向を何点かご紹介します。
 まず、少子高齢化がさらに進んでいます。総人口に占める15歳未満人口の割合は、13.6%で前回(平成17年)の14.1%より減少し、65歳以上人口は、25.1%と前回の22.5%より増加しています。また、表やグラフから30年間のデータをたどると、格差が徐々に広がっている上、人口の分布が高年齢に向け多くなっており、少子高齢化が進行していることを見て取ることができます。

 
次に、家族類型については、この30年間の傾向のとおり、一般世帯数は、72万9900世帯と前回より約5千世帯ほど増加していますが、1世帯あたりの人員は、前回の2.63人より2.59人へと減少し、過去最低を記録しています。その顕著な例として単独世帯の20万3,600世帯(27.9%、前回27.7%)が、最多の夫婦と子どもから成る世帯の20万4400世帯(28.0%、前回28.5%)に追いついており、単独世帯については、昭和55年の7万1202世帯から実に3倍近く増加しています。
 これらの事項については、30年間ほぼ同じ傾向をたどっており、また、この先においても、経済状況の悪化、ライフスタイルの変化、未婚者の増加と晩婚化等、この傾向を加速させる要因がそろっているため、社会的な改善の流れが望まれます。

※内容に関しては地域ごとのデータベースや情報誌、wikipediaより抜粋して使用しておりますので変更や誤りがある場合がございますので予めご了承下さい。


 

遺品整理のリユースについての画像

遺品整理のリユースについての画像

生前整理についての画像

遺品整理業者の選定について

お仏壇について