鳥取で遺品整理ならお任せ下さい。遺品整理を専門としたNPO法人(特定非営利活動法人)です。鳥取市、米子市、境港市を中心に鳥取県内全域にて遺品整理のご相談承ります。

日本遺品整理機構のTOP画像


遺品整理鳥取のロゴ
鳥取県の遺品整理


鳥取市、米子市、境港市を中心に鳥取県内の遺品整理のご相談承ります。


鳥取県|鳥取市|米子市|倉吉市|境港市<岩美郡>岩美町<八頭郡>八頭町|若桜町|智頭町<東伯郡>湯梨浜町|三朝町|北栄町|琴浦町<西伯郡>日吉津村|大山町|南部町|伯耆町<日野郡>日南町|日野町|江府町
日本遺品整理機構はNPO法人(特定非営利活動法人)です。ご依頼者様のご相談やお見積り、打ち合わせの際に一切の費用は発生致しませんので安心してご相談下さい。

日本の都道府県のうち最も人口が少ない。また、全国のどの政令指定都市と比較しても少なく、政令指定都市以外で最大の千葉県船橋市よりも少ない。2010年(平成22年)の国勢調査で588,418人と、35年ぶりに60万人を下回った。ただし面積も小さいことから、人口密度で見ると168.5人/km²と37位で、鹿児島県・長野県のそれに近い
 
鳥取県年齢別推計人口 
平成17年国勢調査人口を基に、外国人を含んだ人口動態(出生・死亡・転入・転出)により推計した人口です。
I 結果の概要1 鳥取県の人口構成 -老年人口の割合26%を超え、0.2ポイント上昇-2 市町村の人口構成 -16市町で老年人口の割合が上昇-3 年齢構成指数 -老年化指数は3.9ポイント上昇

 
 
我が国においては、昭和45(1970)年に2.13であった合計特殊出生率(15~49歳の女子の年齢別出生率の合計)が、結婚に対する意識の変化等に伴う晩婚化、未婚率の上昇等の要因により、人口の維持に必要な水準である2.07を下回り続け、平成17(2005)年には1.26と過去最低となっています。この長期的な少子化傾向を反映して、戦後一貫して増加してきた我が国の総人口は、平成16(2004)年の約1億2,780万人をピークに減少に転じました。併せて、人口構造の高齢化も進んでいます。
 
この人口減少・少子高齢化は、経済成長力の低下と社会保障負担等の増大も招き、社会全体としての大きな課題となっています。現在はもはや右肩上がりの経済ではなく、人口減少・少子高齢化時代の中で直面する課題の解決に社会全体で取り組まなければならなくなっています。
 
 
また、大規模企業の大都市圏への立地規制の緩和等に伴い、近年、地方から大都市圏への人口流出が続いており、中山間地域の中には、日常生活を地域で維持するための集落や地域コミュニティ(地域社会)が衰退し、日常生活を地域で支えることにも支障が生じ始めているところもあります
 
鳥取県における視点では人口減少社会に突入経済成長力が低下し、社会保障負担等が増大人口偏在が拡大し、地域社会が脆弱化
 
 
鳥取県においては、平成19(2007)年の合計特殊出生率が全国の1.34を上回る1.47であるものの、近年の傾向として、自然減(出生者数<死亡者数)に加えて、高校卒業後県外に出た後県内に希望する就職先がないためにUターンできない者等の増加を原因とする転入者の減少による社会減(県内への転入者数<県外への転出者数)が拡大しています。これは、子どもを産み育てる世代が県外に流出しているということであり、このようなことも要因として、総人口は616千人(昭和60(1985)年国勢調査)をピークに減少を続け、平成19(2007)年10月1日現在の人口推計で、鳥取県の人口は、60万人を下回りました。
 
また、国立社会保障・人口問題研究所の推計(平成19(2007)年5月)によると、鳥取県の人口は、今後一層減少が進み、平成47(2035)年には50万人を下回るものとされています。同研究所の推計によると、人口減少と併せ、平成47(2035)年には、人口構成も、老年人口割合(65歳以上)が34.5%(平成17(2005)年国勢調査時点では24.1%)と高く、生産年齢人口割合(15~64歳)が低くなるものとされています。
 
このような人口減少・少子高齢化時代において、特に県土の大部分が中山間地域である鳥取県においては、定住人口の減少を可能な限り食い止めるとともに、たとえ人口が減少しても持続可能な地域社会を形成することが必要となっています。
 

※内容に関しては地域ごとのデータベースや情報誌、wikipediaより抜粋して使用しておりますので変更や誤りがある場合がございますので予めご了承下さい。


 

遺品整理のリユースについての画像

遺品整理のリユースについての画像

生前整理についての画像

遺品整理業者の選定について

お仏壇について