香川で遺品整理ならお任せ下さい。遺品整理を専門としたNPO法人(特定非営利活動法人)です。高松市、さぬき市,丸亀市,坂出市,観音寺市を中心に香川県内全域にて遺品整理のご相談承ります。

日本遺品整理機構のTOP画像


遺品整理香川のロゴ
香川県の遺品整理


高松市、さぬき市、丸亀市、坂出市、観音寺市を中心に香川県内の遺品整理のご相談承ります。


東讃|高松市|さぬき市|東かがわ市|小豆郡|土庄町|小豆島町|木田郡|三木町|香川郡|直島町|中讃|丸亀市|坂出市|善通寺市|綾歌郡|宇多津町|綾川町|仲多度郡|琴平町|多度津町|まんのう町|西讃|観音寺市|三豊市

日本遺品整理機構はNPO法人(特定非営利活動法人)です。ご依頼者様のご相談やお見積り、打ち合わせの際に一切の費用は発生致しませんので安心してご相談下さい。

平成26年10月1日現在の県人口980,936人を年齢3区分別にみると、0~14歳(年少人口)が127,375人(全体の13.2%)、15~64歳(生産年齢人口)が556,575人(同57.6%)、65歳以上(老年人口)が281,510人(同29.2%)となっています。
 
前年に比べ、0~14歳(年少人口)は1,649人(1.3%)の減少、15~64歳(生産年齢人口)は11,994人(2.1%)の減少となっているのに対し、65歳以上(老年人口)は9,192人(3.3%)の増加となっており、少子高齢化が一層進んでいます。
 
人口に占める割合についてみると、
 ・0~14歳(年少人口)は、昭和57年以降毎年低下しており、本年は前年より0.1ポイント低下しました。
 ・15~64歳(生産年齢人口)は、平成5年以降毎年低下しており、本年は前年より1.0ポイント低下しました。
 ・65歳以上(老年人口)は、過去から増加傾向にあり、本年は前年より1.1ポイント上昇し、過去最高となっています。
65歳以上(老年人口) 過去から増加傾向にあり、昭和50年に10万人を突破した後、平均寿命の延びなどから、わずか23年後の平成10年には20万人を突破しました。その後も増加を続け、平成26年は実数(281,510人)、割合(29.2%)とも過去最高となっています。
 
香川県の人口は1981年に100万人を超えたものの、1999年の103万人をピークに減少しており、2025年には90万人を切り、2040年には80万人を下回ると予測されています。
年代別には、64歳以下の年少・生産年齢人口が減少し、65歳以上の老年人口が増加していきます。65歳以上の老年人口は、来年、2015年にも3割を超える見通しとなっています。
香川県民の3人に1人が65歳以上の高齢者という、超超高齢化社会に突入します。

 
一方で世帯数はほぼ横ばいで推移すると予測されています。
2010年の国勢調査では、香川県内の65歳以上の高齢者の一人暮らし世帯は約3万8000世帯で、全世帯の約1割に達します。これは過去30年間で4倍近い数字です。
高齢化に伴い、65歳以上の単身世帯は増加を続け、来年、2015年にはさらに増加し、65歳以上の高齢者単独世帯が全体の12.1%、高齢者夫婦のみ世帯が14.0%と全世帯の3割が高齢者のみの世帯になると予測されています。
2020年には全世帯の約16%、高齢者の6人に1人が一人暮らしとなる見込みです。
高齢者の単独世帯が増加する背景には、生涯未婚率や離婚率の上昇、核家族化に伴い、配偶者との離別・死別後も子ども世帯と同居しない高齢者が増えていることなどが考えられます。
平均寿命の違いや、夫の死後、一人で生活を続ける女性が多いことなどから、これまで高齢者の単独世帯は女性が多数派とされてきましたが、今後は男性の一人暮らし高齢者の割合も増加すると考えられています。
高齢化に伴う医療費や介護保険料の増加は深刻な問題です。
増加する高齢者の生活を如何に支えるか、早急な対応が求められています。

※内容に関しては地域ごとのデータベースや情報誌、wikipediaより抜粋して使用しておりますので変更や誤りがある場合がございますので予めご了承下さい。


 

遺品整理のリユースについての画像

遺品整理のリユースについての画像

生前整理についての画像

遺品整理業者の選定について

お仏壇について