愛媛で遺品整理ならお任せ下さい。遺品整理を専門としたNPO法人(特定非営利活動法人)です。松山市、今治市、四国中央市、西条市を中心に愛媛県内全域にて遺品整理のご相談承ります。

日本遺品整理機構のTOP画像


遺品整理愛媛のロゴ
愛媛県の遺品整理


松山市、今治市、四国中央市、新居浜市、西条市を中心に愛媛県内の遺品整理のご相談承ります。


松山市|今治市|宇和島市|八幡浜市|新居浜市|西条市|大洲市|伊予市|四国中央市|西予市|東温市|上島町|久万高原町|松前町|砥部町|内子町|伊方町|松野町|鬼北町|愛南町

日本遺品整理機構はNPO法人(特定非営利活動法人)です。ご依頼者様のご相談やお見積り、打ち合わせの際に一切の費用は発生致しませんので安心してご相談下さい。

65歳以上が40万人超す 愛媛県内、高齢化率も最高に
 
愛媛県は、県内の高齢者人口の状況などをまとめた。今年4月1日現在で65歳以上の人口は40万9546人と初めて40万人を超えた。高齢化率は28・66%と過去最高を更新した。
 
住民基本台帳などを基に県は毎年、高齢者人口の状況などをまとめた「高齢者人口等統計表」を公表している。県内人口は142万8946人と前年比で9666人減。65歳以上の高齢者人口は1万1957人増えた。高齢化率は1・02ポイント上昇。平成22年の国勢調査を基に総務省が推計した人口(25年10月1日現在)に基づく全国平均の高齢化率(25・1%)を上回っている。
 
市町別にみると、高齢化率が最も高いのは久万高原町の44・57%。次いで上島町(41・87%)▽伊方町(40・66%)▽松野町(39・94%)-の順。市で最も高かったのは西予市の38・51%。最も低いのは松山市の24・17%。このほか、東温市(26・76%)や砥部町(27・09%)、松前町(27・24%)などが3割以下だった
 
県内の65歳以上の人口が過去最多となり、総人口に占める割合を示す高齢化率も過去最高となったことが、県が公表した「高齢者人口等統計表」で明らかになった。県内20市町すべてで、前年と比べて高齢化率が上昇した。
 
統計表は、県が住民基本台帳を基に毎年発表している。今年4月1日現在の県内の高齢者は前年同期から1万8人増えて41万9554人。高齢化率は0・88ポイント上がって29・54%だった。
市町別の高齢化率は、久万高原町が45・54%で最も高かった。続いて、上島町(43・09%)▽伊方町(41・71%)▽松野町(41・49%)▽鬼北町(40・48%)で、高齢化率が4割を超えた。一方、最も低いのは松山市の24・99%だった。
地域別でみると、南予地方で高齢化率の高い市町が目立ち、県庁所在地の松山市と周辺地域の市町は高齢化率が低かった。国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、2040年の県内の高齢化率は38・7%に達するとみられている。
100歳以上の長寿者(昨年9月15日現在)は前年から12人増の963人(男性119人、女性844人)で、こちらも過去最多だった。
平均寿命は男性79.13歳(全国35位)、女性86.54歳(19位)だった。 20市町で高齢化率が最も高いのは久万高原町の45.54%。上島、伊方、松野、鬼北4町も40%を超えた。久万高原町は75歳以上の割合も30.99%と最も高く、県平均の15.15%の2倍以上となっている。

※内容に関しては地域ごとのデータベースや情報誌、wikipediaより抜粋して使用しておりますので変更や誤りがある場合がございますので予めご了承下さい。


 

遺品整理のリユースについての画像

遺品整理のリユースについての画像

生前整理についての画像

遺品整理業者の選定について

お仏壇について