福岡で遺品整理ならお任せ下さい。遺品整理を専門としたNPO法人(特定非営利活動法人)です。福岡市、博多、久留米市、大牟田市、北九州市を中心に福岡県内全域で遺品整理のご相談承ります。

日本遺品整理機構のTOP画像


遺品整理福岡のロゴ
福岡県の遺品整理


福岡市、博多、久留米市、大牟田市、北九州市を中心に福岡県内の遺品整理のご相談承ります。


福岡市|東区|博多区|中央区|南区|西区|城南区|早良区|筑紫野市|春日市|大野城市|太宰府市|筑紫郡|那珂川町|糟屋郡|宇美町|篠栗町|志免町|須恵町|久山町|粕屋町|宗像市|古賀市|福津市|糟屋郡|新宮町|糸島市|朝倉市|朝倉郡| 筑前町|東峰村|北九州市|門司区|若松区|戸畑区|小倉北区|小倉南区|八幡東区|八幡西区|中間市|遠賀郡|芦屋町|水巻町|岡垣町|遠賀町|行橋市|豊前市|京都郡|苅田町|みやこ町|築上郡|吉富町|上毛町|築上町|八女市|筑後市|八女郡|広川町|久留米市|大川市|小郡市|うきは市|三井郡|大刀洗町|三潴郡|大木町|大牟田市|柳川市|みやま市|直方市|宮若市|鞍手郡|小竹町|鞍手町|飯塚市|嘉麻市|嘉穂郡|桂川町|田川市|田川郡|香春町|添田町|糸田町|川崎町|大任町|赤村福智町

日本遺品整理機構はNPO法人(特定非営利活動法人)です。ご依頼者様のご相談やお見積り、打ち合わせの際に一切の費用は発生致しませんので安心してご相談下さい。

福岡県において平成27年4月1日現在の住民基本台帳等に基づく65歳以上の高齢者は、1,276,259人(前年同日現在1,231,990人)に達し、総人口の25.0%(前年同日現在24.1%)を占めています。前年に比べ、44,269人増加し、比率は0.9ポイント上昇しており、確実に高齢化が進行しています。
 
高齢化率が最も高い団体は東峰村で、高齢化率は39.2%であり、前年同日現在と比べ、1.0ポイント上昇している。高齢化率が20%以上の団体は54団体(25市27町2村)で、県内60市町村のうち9割の団体で、4人に1人以上が高齢者となっている。なお、高齢化率が25%以上の団体は45団体(21市22町2村)、30%以上の団体は26団体(13市11町2村)となっている。高齢化率が最も低いのは新宮町で、高齢化率は16.5%であり、前年同日現在と比べ、0.5ポイント上昇している。
 
高齢者保健福祉圏域別にみると、高齢化率が最も高い圏域は、昨年と同じく有明圏域で、32.4%となっている。
また、高齢化率が最も低い圏域は、福岡・糸島圏域で、20.3%となっている。志免町の高齢化率は、現在の18.5%が2040年に26%となる見込みである。子どもと高齢者の両方が増加するというのが、志免町の未来予想図だ。その点だけでも珍しい事例と言えるが、今後の行政運営が難しくなると考えられるのが、地域間のバラつきである。子どもと高齢者が町の中で偏在しており、今後、そうした傾向がさらに加速すると見られる。きめ細かな行政運営がより一層、必要となるはずだ。もっとも、こうした現象は志免町だけではなく、福岡都市圏の人口増加自治体に共通するものだ。全体の人口が増え、子どもも高齢者も増え、そのなかでも、高齢者の数が激増し、地域間のバラつきが拡大するのである。粕屋町や志免町、新宮町などに共通して見られる現象が、もう1つある。75歳以上住民の1人当たり医療費(2011年度)が高額になっている点だ。福岡県は都道府県別で全国トップクラスなのだが、その福岡県内で新宮町が第2位、粕屋町が第3位、そして志免町が第4位となっている。
 
ちなみに、第1位も福岡都市圏の自治体である宇美町で、1人当たり医療費は年135万円余りである。75歳以上住民の1人当たり医療費の数値が高いのは、健康を害したお年寄りが多いことの現れと考えられる。また、医療機関の充実ぶりがもたらす現象とも考えられる。いずれにせよ、今後、75歳以上人口が急増する福岡都市圏内の自治体である。現在の高医療費体質がそのまま続いたら、自治体財政はパンクしてしまうのではないか。

※内容に関しては地域ごとのデータベースや情報誌、wikipediaより抜粋して使用しておりますので変更や誤りがある場合がございますので予めご了承下さい。


 

遺品整理のリユースについての画像

遺品整理のリユースについての画像

生前整理についての画像

遺品整理業者の選定について

お仏壇について